<< ハンドヘルドなスタビライザー市場の勢い。 | main | またまたスタビライザー話。 >>
台湾で色々思った事。
 どもです、イチカワです。

先月は特に後半、結構な本数の撮影日程を抱え、頭から煙を出しながら頑張っておりましたイチカワ。先週は台湾に行って来ました。

ロケハンやミーティングなど細かい日程も兼ねてではありましたが、気分は完全に観光です。数年前に撮影で韓国行って以来のアジア圏旅行。

イチカワは田舎の高校を卒業後はアメリカに移ってしまったのですが、住んでいたNYCからアジアというのは実に遠い場所でした。ホント、スゲー距離なんだ、東海岸からアジアは。

ビンボー学生〜ビンボークリエイターまっしぐらだった自分には中々ゆっくりアジア旅行をする機会なんぞあるわけでもなく...「ま、NYCには汚さでは負けないチャイナタウンも立派にあるし、わざわざ行かなくてもいっか!」なんて感じで14年のアメリカ生活時代に訪れたアジア圏は日本だけ(たま〜に実家に帰って来ました)。

そんなイチカワもいざ日本に帰国すると今度は「なんか安いしスグ行ける!」と思いつつ中々行く機会を作らず...要は出不精なデブなだけなのです。

そんな中、今回は色々な日程の隙間をぬって「えいや!」と行って来ました、台湾。出不精なデブにはこうやって忙しい日程の中に旅行をブチ込んだ方が良いのかもしれません。


というわけで初めて訪れた台湾。そこはとっても魅力的な国でした。

渡航前はたっぷりあると思っていた滞在時間は3分砂時計のようにあっという間に流れてしまいましたよ。

韓国や台湾へ行かれる方はとても多いと思いますので、ここで旅日記を綴るつもりはないのですが、イチカワのFacebookにあれ食べたとかどこそこ行ったとか女子的なエントリーが並んでいますので、もしご興味ある方がいらっしゃいましたらこちらからどぞ:

イチカワは街の活気というかエネルギー、これに魅力を感じました。九份など有名な観光地も訪れましたが、とにかく狙っていたのは人や街の活気やエネルギーがどう凝縮しているか、それを見て感じるために連日さまざまな場所をウロウロ。

台北はどのエリアもエネルギーの塊のような活気に溢れているのですが、市街西の端、淡水河近くの永樂市場エリアなどは強烈でした。

汚れと臭いと食べ物(乾物から生鮮食品までゴチャ混ぜ)、そして人々のエネルギー...ギラギラゴテゴテとしていながらも何故かネガティブなものを感じる事はなく、不思議と居心地が良かった。

イチカワは観光だろうがなんだろうが、はじめて行く土地は足を踏み入れた瞬間に感じる
エネルギー、それを自分がどう捉えるか、その最初の瞬間に重きを置いております。

「あ、ここは自分の来るトコじゃないな」「お、ここはワクワクする!なんかある!」そんな感じで、その日だけの観光だろうが長く住む事になるであろう移住先だろうが、決めてしまいます。

「出不精なくせに(デブなくせに)良く言うよ」と突っ込まれそうですが慎重派な人間こそ大事な時は直感に頼るものなのでっす。



台湾はまだ行っていない土地もたくさんあるので決めつけてしまうのもアレなのですが、とりあえず台北という街のむせ返るような濃い〜エネルギーは自分にとってとても心地よく、是非また訪れたいと思いました。

そして、古くからの友人が移住した街、台中や、もっと南の街(台南、高雄etc.)、もちろん東側にも是非足を伸ばしてみたいと思っております。

実はその台中の友人達との熱い熱い時間こそが今回の旅の一番の収穫なのですが、それはとっても大切な事なのでブログには書かない!

ともあれ濃い〜時間を過ごせて良かった良かった!あっちで出会えた人達全員に感謝感謝!

そして過密な強行日程を共に楽しんでくれた彼女にも感謝感謝!



さて、今回こんな長々と書き綴りましたが、写真などは貼付けません(Facebookにあるケド)。

実は渡航から帰国まで全て細かくカメラを回していました。総カット900以上!我ながらよう回したね、しかし。

ちょっとお仕事撮影日程など立て込んではいるのですが、近々で自分で見て切り取った台湾を一本にまとめようかと考えておりますので、完成の暁には公開出来ればと思っております。

ま、プライベートな内容ばっかなんで作品として成立しないと思いますが、ご興味ある方は是非観てくださいねー!


| - | 22:00 |