<< WE LOVE TAIWAN _台湾映像公開のお知らせ_ | main | こういう事こういう事! _モータに頼らない多軸スタビライズ_ >>
欲しいモノ備忘録。
 どもです、イチカワです。

今年はずっと日程が立て込んだままあっという間にこんな季節(まだ夏っぽいケド)...並走する日程をパズリングしつつ、たまにはブログもアップしなければと久々の更新でございます。

今回は最近欲しいモノ関連、備忘録的エントリーです。

まずはFS700つーかOdyssey7Q。
こんな使い方誰もしないよ!と突っ込みたくなる写真を堂々とアップしちゃうのがコロラドの会社って感じよね(失礼)。

で、そのConvergent Designがやっとサンプル映像をアップしたのですが、気になるのはスペック。
以下に詳細あるのですが、4K60fpsまで記録て書いとるぶぁい:

本家Sonyさんのリミッターもなんのその、しれっと4K60fpsをアナウンスしてる...実機が市場に出るのは今月末との事ですが、とりあえず4K記録は以降のファームアップ待ちみたいですよ、皆さん。


LETUS35 Anamorphic Lens Adapter
5D3rawハックからまたちょっと再熱のアナモレンズ撮影。

仕組みや方法は(ウチのブログに来る人は)皆さんご存知かと思いますが、今回LetusがIBCでお披露目予定のアナモアダプターはメンドーな事しないで既存の単玉/ズームレンズとイケるとの事。安く出回りそうだし($1700〜)コレ欲しいスなー。

詳細は公式発表を待つとして、とりあえずnewsletter.comさんの記事:

3カ所でフォーカスを決め込み、ファインチューンは0.8ピッチギアで、だって。エエやん!
既存のレンズとの相性、早く知りたいですね!


Kessler + 3 axis Brushless Gimbal Rig = 4 axis

この手のスタビライザーを見た多くの(モーター駆動の)ドリーユーザーさんは結構このアイデアまで行き着いたと思います。

こうやって実際やってる人を見ると、やはり皆考える事は同じなんだなとあらためて思いますなー。

てか高いんよね、「CineDrive(ケスラーの多軸コントローラ一式セット)」。

だったら安いこの手のスタビライザー買って「手で持って良し、ドリーに載せてプロポで操作しても良し」って考えちゃうじゃない、やっぱ。

実はイチカワがこの手のスタビライザーに求める一つのポイントに「速さ」がありまして、まさにこのドリーとの併用を考えての事でした。

先日某メーカーの方とSkypeさせていただいた時「実際どこまで速く動くのか?」を教えてもらったのですが、やはり期待のスピードは出ないようです。

元々速く動くためのものではないのでしょーがないのですが、イチカワはウマい事工夫してこれやりたいのねん:
SPIKE : MARMALADE

って、これはまず産業用ロボ買わなアカンのですが、FS700とCineDriveでそれっぽくやってるのがこちら:
Motion Control Test : Creative Edge Productions

FS700関連で名前が出るTonyさんの会社のテスト。FS700の240fps、そりゃこの使い方に行き着くよねー。

うーむ、やっぱCineDriveかなぁ...でもこれ現場で組むのメンドい!MoVI的なリグをポコっと載せるだけでイケる!ってしたいものですね。


というわけで欲しいモノというより「こんな撮影してみたい」ネタで終わってしまいましたが、次回のブログでは先日開催のイベントやそれに向けての撮影話などをお話出来ればと思っております。

それでは長尺モノのレンダが終わったので今日は解散っ!!


| - | 00:52 |