<< Odyssey7Q長期試用 _不忍池_ | main | Odyssey7Q長期試用 _まとめ〜S-Log3への期待_ >>
本年も宜しくお願いいたします。
 新年あけましておめでとうございます。freiheitイチカワでございます。

9連休明けの2014年スタート、皆様はいかがお過ごしでしょうか?昨年末はギリギリまでバタバタやっておりましたイチカワ、お正月はゆっくり実家に帰省し雪の中でのお年取りでございました。

やっぱエエですなぁ、雪は。ウチの実家の裏を山道に沿って車で上がって行きますと、飯綱高原〜戸隠という東京からは考えられない、なんもないスノーワールドなのです。


池全体が凍っとる!寒いはずや!


いつかちゃんと撮影機材一式持って山ん中入ってみたいものですね。

というわけで年明け一発目のブログはどーでも良い機材の話ではなく、新年なのでちょっとマジメにNew Year Resolution的な内容を。

元旦の読売新聞に宮崎駿氏、養老孟司氏の対談がありました。

御年70ウン歳のお二人ゆえ、年齢や老い、時間や頭、体力の使い方的な内容がメインではあったのですが、宮崎駿氏の言葉の中に(氏から比べ)まだまだヤングなイチカワ達にビンビン響く言葉がたくさんちりばめられており、思わず正座しながら読みました。

対談内容をここに記載するわけにもいかないので、イチカワが何に対してどう奮起させれられたかはここに記述しませんが、まさにここ数年個人的にも感じていた部分であっただけに新春元旦からバチーン!と来ましたよ、ホント。


ここ数年はslowly but surelyに世の中がよろしくない方向に進んでいると感じています。

この国はトンデモ首相のおかげで(彼も裸の王様かもしれませんが)実感のない景気上向きだオリンピックだと益々フワッフワな状態に突き進んでいますから、心や身体の拠り所を自身でしっかり確保して、自分や自分の手が届く範囲を大事にし、毎日を大切に生きていかなくてはいけないなぁと思います。

イチカワのようなフリーランサーが出来る事はとても小さく、社会的な意味もあまりないかと思いますが、自分が関わる制作お仕事、そして作品発表、そういった場で繋がれる皆様との時間やご縁を大切に今年も楽しく頑張る所存でございます。

本年も宜しくお願いいたします。


 
| - | 01:47 |