<< シネカメ&シネ玉を使う意味。 | main | SLR Magic Anamorphotはエエ感じ。 >>
もうちょっとF55と他機材の話。
どもです、イチカワです。

前回(今年一発目)ブログをアップしましたところ、F55の使用感などをもっと読みたい的なメッセージをいただきました。

SonyさんのハイエンドシネカメF55ちゃん。発売開始から時間も経ち、このカメラでお仕事されている方は世界に五万といらっしゃるのですが、イチカワのブログを読みに来てくれる方々、特にヤング(でビンボー)なカメラマン/クリエイターくん達が日頃気軽に触るカメラではない事は確か。5DやGH4と全く同じポジションでペロっと稼働させるカメラではないですもんねー。

もちろんイチカワもじっくりとお仕事で走らせるのは今回が初めて。そんなインチキヤローがいきなりメジャーな広告案件でブン回すってあまりない、うん。つー事でそんなイチカワが現場で思ったあれやこれやを今回シェアいたします。

興味はあるケドまだハイエンドシネカメに触る機会がないアナタにとって、ちょっとは有益な情報となりますように。

で、このカメラをすでに使い倒しているプロフェッショナルなDPの皆様、ただちに読むのやめて出てってください!

F55、記録はスーパーイージー、プレビュー(raw記録時)は大変カメラちゃん。

これ、F55ユーザーさんはご存知の事かと思いますが、raw記録(R5ユニット稼働)時のプレビュー、これが大変でした。

カメラとしてのオペレートは文句なしにスーパーイージー。特にraw記録なら電源入れてCine EIになっていれば後は記録フレームやシャッタースピードの設定くらいしか触るトコありません。ただ、いざraw素材をプレビューしようとすると中々ご機嫌ななめなF55ちゃん。どのファイルを再生してるのかよくわからないし、そもそもボタンの反応がトンチキでしまいにはフリーズ(ドテー!)...えいや!と電源を無理矢理落として再度立ち上げが何度もありました。

これってお借りした個体がたまたまだったのかしらん(F55もR5もファームはもちろん最新)、小輝さん貸してる機材でそんな事ありえないしなー。「うーん、このカメラ嫌いになって来たよ!」と監督のお言葉...あわわ。現場で一番冷や汗かいた瞬間です(苦笑)。

で、今回イチカワはAtomos Shogunをモニタとして繋いでおりまして、この子が1080P ProResをずっと並走記録してくれていましたので、プレビューはそちらで行う形となりました。

R5で4Kraw記録をしながらShogunで1080P ProResも同時記録。撮影後もオフライン的にそのデータを使えるし、多くの方(Epicユーザさんなど)が行ってる方法かと思います。

つー事でAtomos Shogun様大活躍!フォーカシングでも1080Pモニタは必須なのでホントありがたい存在でした。


F55のバッテリー

F55には超高速充電に対応する純正のVマウントバッテリーが相方として用意されていますが、今回の現場ではなぜか消耗がハンパなく早かった。通電してるだけでもドンドン減ってしまったのはなぜ?イチカワのトンチキ設定のせい?そんなこんなで撮影初日急遽追加バッテリを手配(←撮影が都内で良かったYO!)bebobの275Whを6本用意いただいたのですが、これ一本で終日イケる?てなくらい十分でした。

やはりお大尽なシネカメは消費電力もデッカちゃん!つー事でbeefyなバッテリを十分用意ですな!(当たり前っ!)

で、やっぱり玉だーね。シネカメラとシネレンズの関係。

前回ブログでも記述しましたが、結局これです。ホントね、素人はどーしてもカメラのスペックに集中しがちですが、大事な光の入口、ここが良くないとどうにもこうにもですわ、ハイ。

特に上記写真の子、ARRI Ultra Prime 14mm T1.9ね。こんな広角で絵の奥行きがスゴいの、ホント。

逆を返せばこういったシネレンズ達の素晴らしい絵をしっかり撮像するカメラ、F55はスゴいカメラだとあらためて思いました。このカメラの14ストップなダイナミックレンジ、そしてグローバルシャッターの恩恵、動体に強い(コンニャクしない)絵作り...F5や以下FS7、FS700とは根本的に立ち位置が違う、そんな存在意義のあるカメラです。

無意識でストレスを感じているデジタル機器ゆえのヤなところ、ジャギーとか偽色とかコンニャク現象...こういったものがいかに撮影者の心を折ってしまっているのか。そこに気づいてしまうんですねー、F55を触ると。とにかくストレスがない、安心して記録を任せられるのです。

カメラを扱う人間にストレスを与えない優秀な機材、F55ちゃん。一旦触ってしまうと他の機材が非常に残念な子達に見えてしまいます。

.

さて、長々とF55の使用感を書いてみましたが、この大きくて重くて堅いカメラを数日運用した事であらためて映像記録機器の役割、そしてこっち(機材を扱う撮影者)の意識、そんな事を考える機会をいただけました。

お仕事をさせていただきながら色々学べるというのはホントありがたい事ですが、昨今当たり前となりつつある4K記録、これが本来持つポテンシャルというか、4Kという大きなキャンパスで我々何が出来るのか、最低どこまでやらなければいけないのか、そんな事をF55運用以降マジメに考えております。

まだキッタない4K素材を1080Pダウンコンしてキレイキレイて喜んでる人が大半じゃない?イチカワも含めて。そろそろNABシーズン、今年は最低でもUHD30fps記録、なんて小型カメラが当たり前となるタイミングとなりそうなので、皆さんも是非ハイエンドシネカメでの4K60P記録などを体験してみるの、良いと思いますよ。

良い機材を触る事でテメーの至らなさを実感、これ一番手っ取り早い上達法だとイチカワあらためて実感しました。

.

次回のブログでは上記のF55運用でも大活躍だったAtomos Shogun、この子がいかに重要な機材となりえるか、記述したいと思います。お楽しみに〜!



 
| - | 16:26 |